Concept
クルマの動きが昨日までと違う・・・
ルオーテ マルケジーニはそんな体験をクルマが大好きな人たちに提供していきたい。
日々の通勤時間が楽しい。コンビニまでもチョットした移動が楽しい。旅行の長距離移動も楽しい。
カーライフが楽しければ以外と人生は楽しい。
わたしたちはクルマのパーツのひとつであるホイールを考え抜き、
公道で走るための「新しいスポーツホイール」を創り、日常で感じられる「楽しい」を提供していく。

クルマの動きが昨日までと違う・・・ ルオーテ マルケジーニはそんな体験をクルマが大好きな人たちに提供していきたい。 日々の通勤時間が楽しい。コンビニまでもチョットした移動が楽しい。旅行の長距離移動も楽しい。 カーライフが楽しければ以外と人生は楽しい。 わたしたちはクルマのパーツのひとつであるホイールを考え抜き、 公道で走るための「新しいスポーツホイール」を創り、日常で感じられる「楽しい」を提供していく。

「クルマのホイールをスポーツホイールに変える」と聞くとどんなホイールを想像しますか?
とてつもなく軽いマグネシウム鍛造ホイール。グリップ力を高める太いタイヤを履くためのリム幅の広いホイール。制動力を高めるビックキャリパーが入る大径のホイール・・・。 サーキットで走る車両に履かせるようなレーシングスペックを持つ高額なホイールがこれまでのスポーツホイールの常識でした。
しかし公道を走るにあたりこのような非日常的なレーシングスペックが本当に必要なのでしょうか? 過剰な軽量化とサイズ変更はカーメーカーが何十万kmにも及ぶテスト経て導きだしたセッティングを崩すこととなり、足回りのリセッティングにまで発展してしまいます。
公道でスポーツホイールに求められる性能とはなんでしょう。それはクルマ本来の性能を引き出すことではないのでしょうか。わたしたちはそれが純正と同サイズの軽量な高剛性ホイールだと考えます。

わたしたちにはこの考えを共有するひとりの設計家がいます。イタリアの高名なホイール設計家ロベルト マルケジーニです。永年レーシングシーンで活躍してきたマルケジーニはレースと公道では求められる性能が違うことを知っています。彼を迎えスポーツホイールの常識を覆す挑戦が始まります。スポーツホイールブランド「ルオーテ マルケジーニ」の誕生です。

Concept

剛性・軽量・バランス

スポーツホイールはドライバーの意思を正確に路面に伝える剛性と、加減速やコーナーリングに効く軽量という相反する性能を高次元でバランスさせることが求められます。ルオーテ マルケジーニは鍛造製法とレースシーンで培ったマルケジーニのノウハウでそれを実現しました。

Concept

純正ホイールと同サイズ(インチ&リム幅)

ルオーテ マルケジーニはスポーツグレードの純正サイズを採用しています。カーメーカーはクルマを開発するにあたり何十万kmにも及ぶテストをおこなっています。そこで導き出されたホイールサイズを変更することはクルマのトータルバランスを崩すことに繋がります。またスポーツグレードの純正ホイールサイズはスポーツ走行をする上で充分な性能を満たしています。

Concept

車種専用設計

専用設計のためスポークとブレーキのマージンや取り付け部などを車種毎に最適な仕様となっているため、純正センターキャップを流用することができ、取付けには純正ボルトを使用することができます。純正ボルトを使用することでパンク等で急遽スペアタイヤに交換する際でも付属品を必要としません。これはストリートホイールとしての重要な仕様です。

Concept

高品質

ルオーテ マルケジーニは独自の安全基準として国⼟交通省が定めたJWL試験(技術基準)の基準値の120%をクリアしております。公道には落下物やキャッツアイなど不測の衝撃を想定し、インナーリム部に重りを落下させ有害な亀裂や異常を調べる90°衝撃試験もおこなっております。これにより強度・耐久性共に純正同等以上です。

Concept

常識を変える価格

わたしたちは多くの人に使ってもらうにはスポーツホイールをリーズナブルな価格にしなければならないと考えていました。しかしルオーテ マルケジーニも鍛造製法を採用するため製造コストが高いという問題を抱えていました。わたしたちは品質と低コストを両立するOEM工場を巡り、フェラーリやマクラーレンなどの名門カーメーカーから指名を受ける鍛造ファクトリーSAI社にたどり着きました。SAI社とコンセプトを共有することで、専用設計の鍛造ホイールの常識を変える価格を実現しました。

Concept

品質保証

ルオーテ マルケジーニは購入から3年間の無償保証をおこなっております。走行距離に関わらず当社保証規定に沿って無償交換させていただきます。安心してスポーツドライビングをお楽しみください。

TOP